自宅でペットバリカンを使う際の注意点とは - ペットバリカンの選び方のコツ
  • 自宅でペットバリカンを使う際の注意点とは

    家庭でも手軽にペットバリカンを使ってペットの毛のお手入れをすることができますが、けがをする可能性もあるため、使い方には十分注意をして、ペットにストレスがかからないように使用することが大切です。



    お手入れをしてあげることはコミュニケーションの一環にもなり、スキンシップとしても非常に有効な方法です。



    絆を深めながら、ペットを清潔に保つためのお手入れを行っていくと良いでしょう。自宅でペットバリカンを使って毛のお手入れをする際の注意点としては、まずはバリカンの当て方に注意する必要があるでしょう。皮膚に対して並行にバリカンをかけるのが正しい使い方であり、刃をたてすぎてしまうと刃が皮膚に刺さって怪我につながる可能性があります。
    刃を皮膚に対して平行にあて、そのまままっすぐにゆっくりと動かすようにしましょう。



    毛量が多いペットやアンダーコートが密集して生えているペット、毛玉ができているペットの場合には、ペットバリカンを使ってうまく刈れない場合もあります。
    その際は刃を皮膚に平行にしてゆっくりと動かすことで、うまく刈ることができるでしょう。

    バリカンの刃が汚れている可能性もあるので、洗えるものは分解してきれいに洗うなど、メンテナンスも十分に行うようにしましょう。

    ペットによってはバリカンの音や振動を怖がり嫌がってしまうペットもいるかもしれません。

    どうしても使用する場合には、まずはバリカンそのものに慣れさせる必要があります。スイッチをつけない状態でバリカンを体に当てて、道具が怖いものではないことを知らせたり、体にあてずにスイッチを入れて音に慣れさせるなどの工夫が必要です。